image-water.jpg

給排水衛生設備管理業務

『衛生工事 営業品目』

・雑排水管洗浄

・グリストラップ清掃

・貯水槽清掃(受水槽・高置水槽)

・汚水槽、雑排水槽清掃

・冷却塔洗浄(クーリングタワー)


雑排水管洗浄

『排水管はなぜ洗浄するのか。』

排水管の内部は時間が経過するにつれ、腐敗した食物屑、油脂、毛髪、繊維屑が排水管内部に付着し、排水の通りを細くしてしまいます。それにより、悪臭が発生し蚊・ハエ等の衛生害虫の発生が考えられます。アパートやマンションなどの集合住宅では、排水管の詰まりから汚水が逆流して下の階へ漏水してしまう事も考えられます。

 

 

 

 

『洗浄方法』

当社では高圧洗浄工法で行います。高圧洗浄とは高圧洗浄用ノズルを管内に送入し、水の圧力で付着している汚れ・ヌメりを削り取るように除去して行きます。

マンションやご家庭の場合には水回り(洗面所・台所・風呂場・トイレ・洗濯機排水口)の洗浄を行います。


『排水管洗浄前』 『排水管洗浄後』 『高圧洗浄車』
pw021.JPG pw023.JPG pw093.JPG
『排水管洗浄前後』

haisui.JPG

『グリストラップ清掃前』『グリストラップ洗浄後』

gt-011.jpg gt-013.jpg

貯水槽清掃(受水槽・高置水槽)
『貯水槽の清掃義務』

建物の所有者及び管理者には受水槽以降の飲料水について衛生的な維持管理を行う義務があります。毎月1回の施設点検(水のニオイ・濁り・味など)、週に1回の残留塩素測定、年に1回以上の水質検査が水道法やビル管理法で義務付けられています。(水質検査は清掃後に行うのが一般的です)


『貯水槽清掃をしないとどうなる?』

貯水槽内は時間が経過すると、鉄サビ・水アカが発生します。地下埋設型などは槽のひび割れ部分から汚水が混入する事や、害虫などの混入も考えられます。それらが混入した状態で飲み水として供給されるのを事前に防ぐため予防保全の観点が必要です。

『高置水槽清掃前』 『高置水槽清掃後』
wt-011.jpg wt-013.jpg
『汚水槽清掃前』 『汚水槽清掃後』
dt-011.jpg dt-013.jpg